サンティプールのこだわり

私たちは、ネパールの山岳地方の味・料理・文化を日本のみなさまにお伝えできればと思っています。
魚介類などの新鮮な日本の食材とネパール料理のとの融合した創作ネパール料理もご用意しました。
化学調味料を一切使わず体に良い薬効のあるスパイスを使ったナチュラルフード…それが私たちの目指す料理です。
静かで落ち着いた雰囲気の中で、体に良い料理を食べながらゆっくり過ごせる時間ー
わたしたちSANTIPURグループはそんな「場所」を目指します。

美容健康に!スパイスの秘密ご紹介!

ネパールでは毎日の食事に欠かせない!

毎日の食事に欠かせないスパイス。調合の仕方でそれぞれ家庭の個性が出ます。
料理の味付けだけではなく体調を整えるための薬として使われたりもします。
その他、匂い消しに使ったり、お肌を整えるために肌に直接塗ることもあるんですよ。

スパイシー&油控えめ

私たちのレストランでは、20〜30種類以上のスパイスが使われています。甘いもの、辛いもの、香りを出す物などなど。
それぞれがお互いの個性を引き立て合っています。
油を控えめに、そしてスパイスをふんだんに使っているからこそマイルドでヘルシーなカレーができあがるのです。

スパイスの種類・効能

ターメリック レッドチリ クミン
ショウガ科の植物で根を乾燥させ粉にしたもの。消化作用、抗菌作用があり、二日酔い、ダイエット、美容に効果があり、薬として使われることも。魔力をもっと信じられています。 赤とうがらし。ビタミンAとビタミンCが豊富に含まれており、夏バテ防止に効果が高く、抗菌作用があります。他にも消化促進、血行促進効果があります。カレーには辛さの加減などに使います。 古くから使われているスパイスで、甘い香りと刺激的な昧でまろやかなカレーを作ります。薬としては健胃、整腸、鎮痙などに使われます。中世のヨ一口ッパでは「恋人の心変わりを防ぐお守り」でした。

 

コリアンダー カルダモン シナモン
やや苦味のあるスパイスで、葉などには強い香りがあり、タイで、はパクチーと呼ばれています。胃腸を整え、痩身、利尿、解熱など
薬用としても使われます。精油はお香や香水にも利用されています。
世界で最も古いスパイスのひとつで、サフラン、バニラの次に高価なスパイスです。インドで、は「スパイスの女王」と呼ばれています。体の指肪をとり、食品の消化を助け、口臭止めとして用います。 甘い香りが特徴のスパイス。古代ローマでは甘美な香りは愛をかき立て、愛情を示すものとされ、王侯貴族の最高の贈り物だったそうです。体をあたためたり、消化器系の機能を活発にする効果があります。
ナツメグ ガラムマサラ クローブ
甘く豊かな芳香があり、お肉料理、お菓子などに合うスパイスで、す。整腸作用、不眠症の改善などに効果があり、生薬、漢方として幅広く使われています。 「辛い(ガラム)混合香辛料(マサラ)」という意味。基本的にはブラックペパー、ローレル、クローブ、シナモン、クミン、カルダモン、コリアンダーをブレンドします。家庭や地方によって割合が違います。

 

クローブの花のつぼみを乾燥させたもので、日本では「丁字」と呼ばれています。噛むと刺激的な香りと苦味があり口臭消しになります。遥か昔、中国では皇帝の前にでる家臣は、クローブをかみ砕いて含んでおくことが礼儀だったようです。

 

アジョワン ブラックペパー
「ワイルド・セロリ・シード」とも呼ばれ、特に消化器系と呼吸器系に効果があります。整腸や端息の薬としても使われており、食用のほかに歯磨きや防腐剤としても使われています。 ブラックペパーは未熟な実を乾燥させたもので、ホワイトペパーは完熟した実を乾燥させたものです。ペパーは長い間スパイス貿易の主役となり、地代や税金などもかけられるほど価値の高いものでした。